いや
 一日に何回、って話ならもっとできるんだけど。
 連続は凄い。俺頑張ったわ。萎えなかった。
[PR]
# by emporfahren | 2016-10-09 02:10 | 現実
オナニー
 連続3発出来た。
 こんなん精通以来初めて。

 謎の高まりを感じる31歳。
[PR]
# by emporfahren | 2016-10-09 02:03 | 現実
カタルシス
つまりAir/まごころを君にがあって新劇の序破のカタルシスがあったように。
秒速5センチメートルがあって君の名は。のカタルシスが俺の中には有るのかもしれない。
多感な時期はいつまで続く。
[PR]
# by emporfahren | 2016-10-01 01:25 | 現実
何書くか忘れた
よく有ること。
最近語彙力の低下が著しい。
ピークは20代前半。いまはスゲーとかヤベーとかそんなん。

MVNO、mineoに乗り換えるか検討中。
私と妻で月16000円が月5000円まで下がる大チャンス。
Zenfone3にしようと思ったら国内価格まさかの43000円。高い。
エクスパンシス様かアマゾン様がこちらを見ている。
少なくとも私の分はそっちても良い気がしている。

今思えばアドエスだったりノキアN82だったり冒険してきているわけだし。
ノキア自体が今はスマホを作っていないけど、もしもがあるならN82の後継が欲しい。
ああいうクソちっさいスマホは本当に好き。画面なんてQVGAでも何とかなる。
ノキアの着信音も好き。

話は戻ってMVNO。
mineoの評判が良いらしい。
昼でもそこそこ速度が出るらしい。
Pingもそこまでじゃないらしい。
らしいんですよらしい。
結局自分が体験しているわけじゃないからわからないんだけど。
昔に戻ったと思えば我慢できるレベルだろうと思いたい。
ああ懐かしのJ-SKYWEB。
[PR]
# by emporfahren | 2016-09-28 22:22 | 現実
RADWIMPSの曲を買う私って
まるで若者!って感じがしていいね…。いい…。
[PR]
# by emporfahren | 2016-09-19 19:11 | 現実
もっとうんことかちんことか
まんことか。
そういう投稿をすべき。
最近のエントリーを見たら長文だらけで引くわ。

RADWIMPSのなんでもないやをiTunesで購入。
いいEDだったなぁ~。
[PR]
# by emporfahren | 2016-09-19 19:10 | 現実
君の名は。
観てきた。観てきましたよ。満席です満席。凄いね。
BDで秒速5センチメートルは持ってるけど、こんなすごい監督になるとは。
ポストジブリ、ポスト宮﨑駿がアツい昨今、細田守なのかシンゴジや古い付き合いの庵野秀明なのかまぁ色々有るんでしょうが、この作品がここまでヒットすると誰が予想したのか。
新海誠を漠然と知っていて、田中将賀を知っていて、ってのはまあある程度アニオタ的な基礎知識を持っている人になるんだろうけど、新海ファンと田中ファンがどんだけ頑張っても、それだけではこの興行成績は無理でしょう。
イマイチどの層に受けたか、どの層が火をつけたのかが解らない。
しいて言えばRADWIMPSを好きな層だったりするのだろうか。
いやはやRADWIMPS、素敵な曲ばかりでした。
BGMもそうだけど、ED曲は本当に作品を表した素敵な曲で素晴らしかった。洋画にありがちなメイン曲流してからの別曲でクレジット流し続ける、なんて野暮な真似も無しで作品としてのまとまりの良さを感じました。
上映前は前前前世~なイメージだったけど今は全然違う、全ての曲が映像にマッチしていた。
この辺りは秒速~でもそうだったし、庵野監督のデンデンデンドンドンやら市川崑タイポグラフィ的なお家芸であろうなと思わされた。
作品ありきの楽曲でありながら楽曲ありきの作品を作り上げたのはさすが新海誠。
恐らく秒速5センチ~では楽曲ありきの作品であったものを、今作では作品ありきの作り方に切り替えた。
新海誠のラブコールに応えるように素晴らしい楽曲を作り上げたRADWIMPSにもまた拍手を贈りたくなる。
新海節と言えば背景の緻密さが挙げられることが多いが、今回もご多分に漏れず、都心から紅葉咲き乱れる山の景色、何より"夜景"までしっかり過労死寸前であろうクオリティで纏まっている。
4Kや8Kの時代に果たして新海誠はついて行けるのだろうかと勝手ながら心配してしまうレベルである。
いつもの緻密極まる背景、音楽のRADWIMPS、と来て次に手を組んだ相手がキャラクターに命を吹き込んだ田中将賀である。
もうアニオタ的には今更も今更、現在では数少ないキャラデでファンを連れてこれるデザイナーである。とにかく可愛い。大河結婚してくれ。
個人的に上映序盤の好スタートの要因に一つに田中将賀が関わっているんじゃないかと思っていて、あの花から続く田中将賀ファンがチェックしたいと思わされたんじゃないかなぁと推測している。
彼の生み出したキャラがまぁ動く動くとにかく動いて可愛い。
長澤まさみ演じる奥寺ミキ先輩が何故か浦沢直樹作品ぽく感じた以外は田中将賀ワールド全開なんですね。これだけで俺的にも非常に評価が上がってしまう。
ヒロインである三葉がまるで"時をかける少女"の様に走り転ぶ。
(ついでに言うとサマーウォーズの様に空からアレが落ちてくる)
サマーウォーズの様に、とは言ったけど、そこは新海誠。セルフパロではないけどどこか淋しげな物悲しいような描写はしっかり抑えていて、例えば新宿、例えば雪、例えば日の移り変わり、例えば鉄道など、演出の妙が光るんですね。
個人的には秒速5センチ~で打ち上がったロケットの爆炎に太陽の影が落ちていて、今作では空から落ちてくるアレの軌跡に太陽の影が落ちている点が非常に印象的。
なんとなく歳をとり不惑を迎えた新海誠の精神性に変化が起きたように勝手に思わされた。庵野秀明がエヴァの序を作ったようにね。
肝心のストーリーは正直に言えば、というか楽曲に依るテンポの良さなのか地上波放映を踏まえた枠の都合なのかやや忙しい印象。例えば瀧君と三葉が恋に落ちる描写やらなんやら全体的に説明不足な印象がほんの少し残る。推測や行間を読むことで大抵はクリアできるので問題ないのだけど、なんとなーく2時間に収めるために端折った部分があります、って印象を拭い切れない。夏のアニメ作品として小学生が観た時にはやや疑問が残るのかもしれない、まぁそれは大人になれば解決するから良いのかもしれない。
それでもファンタジーとして非常に魅力的で、キャラクターが可愛くて、背景に引きこまれ、音楽が素晴らしくて、作品としての魅力はとてつもないものなのを否定する余地はない。
兎に角、最後に残る、本で言えば"読了後の気持ちの良さ”"清々しさ"は間違いなく素晴らしいものだと感じている。
そこが今までの新海作品との大きな違いなのだろうと推測する。
結局はこの作品は高校生くらいのカップルが観に行って、今手を握っている君が運命の人であるという幸せな気分を全力で押してくれる、それこそ横綱やアメフト選手が背中を押しているような作品なのだ。
記憶は薄れていく。思い出せない。それでも、それでも今君が愛しているその女性は、その男性は、記憶にはないけれど、前前前世から、はたまた君が思い出せなかったあの頃から、出会っていて、記憶はないけれど今二人が愛し合っているのは運命によるものなんだよ、という夢物語を後押ししてくれる作品なのである。
帰り道高校生カップルは夏の終わりにキスをするのだろう。
俺はもう31歳である。
それはそれとして、最後に、この夏はシンゴジラや君の名は。で邦画が大ヒットを飛ばした夏となった。
このヒットは少なからず今後の邦画の方向性を左右する出来事であったことに違いはなく、近々で言えば東京五輪の演出すら左右しかねないほど、日本のソフトパワー、コンテンツの底力を魅せたに違いない。
どんな形であれ"ジャパンクオリティ"というと大仰だが、世界に発信できる日本の文化を国民から広告代理店に見せつけた夏になったのだろう。
我々が何にカネを落とすのか、それが垣間見えた様な気がしている。

シンゴジラと君の名は。に共通する日本人の災害に対する考え方やモノの捉え方。
洋画なら瀧君は飛び級した挙句スペースシャトルに乗って彗星を破壊しに行くに違いない。
受け止めて、どうするか。減災。そこが日本人の考え方なのだと痛感させられた。
[PR]
# by emporfahren | 2016-09-18 22:51 | アニメ
色々と
やりたいことが沢山ありますが。

第二子が無事生まれました。次男です。
母子ともに健康で、今日で一週間経ちました。
すくすく元気にまぁ普通でいいんで育ってほしい。

やりたいことはあまり出来ていない。
公私共にバタついてるから仕方ない。

シンゴジラ観たし、君の名は。も観に行きたい。
邦画が好調なのはいいね、インデペンデンスデイはコケたよね。
近未来的対宇宙じゃ燃えないわなぁ。
洋画もドカンと盛り上がるのが欲しい。
[PR]
# by emporfahren | 2016-09-16 22:51 | 現実
近況
 君の名はを見に行こうかなと思ったり息子が2歳になったり異動を回避したり。
 そろそろ家買うかなぁ。

 今更ToHeartのアニメなんかを観ちゃったりして色々落ち込んでる。
 こち亀が終わるのは悲しいなぁ。なんとなく終わるとは思えない作品。
 物心ついた頃から数年前まで読んでたしね。数年前までなんだけどもさ。
[PR]
# by emporfahren | 2016-09-04 22:15 | 現実
艦これ2016夏イベ E-4甲クリア
なんやかんや言いつつも。
文体が違うのはご愛嬌。

■削り
摩耶 121 25mm三連集中配備 司令部 90mm高角砲 32号改
山城 119 41+10 41+10 91+6 瑞雲12
大鳳 138 だいたい制空値500
瑞鶴 127 目指しつつ彩雲つんで
翔鶴 129 装甲空母は反航キャップを目指すような
加賀 139 装備で、勿論艦戦は>>で

阿武隈 120 ※運改修済 甲標的  4連装酸素+6 5連装酸素+6
金剛 132 38改+10 試製35.6+8 徹甲弾 夜偵+10
榛名 99 38改+10 試製35.6+8 徹甲弾 零観
秋月 95 10cm高射+6 照明弾 13号改+8
北上 134 3+6 15.2+10  甲標的
雪風 123 5連装酸素+6 5連装酸素+6 5連装酸素+6

基地航空隊は全てIに集中させること
ボス到着時に燃料弾薬カラッカラに近いので決戦支援は必須
決戦支援
適当なキラ駆逐
夕立 124 33号電探ガン積み
霧島 133 46cm 46cm 32号 32号
比叡 99 46cm 46cm 32号 32号
飛龍 99 99江草*4
蒼龍 99 99江草*4

削り編成の場合は制空に余裕を持たせつつ艦攻艦爆で道中蹂躙出来る
Iは基地航空隊の6連続攻撃及び空母機動部隊、阿武隈と北上の甲標的が終わった頃にはほぼ全員置物になっているはず
夜戦は戦艦水着おばさんの気分次第だけど案外なんとかなる、むしろその後のヲ級改との航空戦の方が撤退要因になる、なので摩耶と秋月の対空CIが非常に重要、有ると無しではボス到達率が全然違う、それくらいヲ級改は怖い
以上のリスクを踏まえても護衛退避が可能なのこともあって道中支援無しでも4/5はボスに辿り着けるはず
ただ、護衛退避したままボスに挑んだところで余程運が良くなければボスを半分削ることすらままならないので、決戦支援を使いながらちまちま削る根気が重要
どうやっても出撃回数やバケツの消費が嵩むことだけは覚悟しないといけない

忘れてはならないのがギミックで、E-4は特定のマスをS勝利することでボスが弱体化する
全てが確定しているわけではないが潜水艦マスだったり基地マスだったいるするので、ギミックによる弱体化を目指す場合は適宜艦娘及び装備の組み換えが必要になる点も注意

■撃破
武蔵 137 38改+10 51+1 零観 91+6
大和 125 38改+10 51+1 零観 91+6
大鳳 138 天山友永 流星601 烈風改 Fw改
瑞鶴 127 天山村田 零戦53岩本 彗星江草 彩雲
翔鶴 129 天山村田 烈風601 Fw改 烈風601
速吸 80 ダメコン 二式水戦改 洋上補給 洋上補給

阿武隈 120 ※運改修済 甲標的  4連装酸素+6 5連装酸素+6
秋月 95 10cm高射+6 照明弾 13号改+8
鳥海 122 3+9 3+9 FuMO 夜偵+10
IOWA 99 41+10 16inch 徹甲弾 零観
北上 134 3+6 15.2+10  甲標的
雪風 123 5連装酸素+6 5連装酸素+6 5連装酸素+6

第一艦隊から加賀を抜いて速吸in
第二艦隊から金剛榛名を抜いてIOWAと鳥海in
制空を確保するために艦戦を増やすことが重要
対空CI要因が秋月だけになることによる道中リスク(特に基地、ヲ級)増は道中支援でカバーしても良いかもしれない
結論から言うと速吸の洋上補給2積みの効果は絶大で、アレだけボロボロにされたボスの攻撃を第一艦隊、第二艦隊とも雷撃を含めほぼ全て躱すというハチャメチャっぷりでボス到達一回で余裕のクリア
道中S勝利のコンディション向上もこの結果を後押ししている可能性あり
配布以外は課金アイテムであることを気にしなければ速吸は使うべき

とは言えゲージ削り時もボス撃破は出来ているので、燃料弾薬バケツ、そしてリアルタイムを使いつつ正攻法でクリアするか、やや後ろめたくても?速吸を使ってさくっとクリアするかの二択になるステージだと思われる
[PR]
# by emporfahren | 2016-08-15 01:21 | ゲーム
艦これ2016夏イベ 途中経過
とりあえずE-3まで甲でクリア。
燃料が13万とやや心もとないので情報収集しつつ備蓄。
E-4も出来れば甲で行きたいところだけど、どうなんだろうか。
甲勲章の呪いから開放された(されてしまった)身としては固執するほどでもない。
正直春イベ以降のモチベは酷かった。

今回のイベントに関してはとりあえずE-3までの難易度はまぁ…こんなもんなのかなって印象。
ただ基地航空隊、これだけはシステムとして不完全というかツメが甘いというか、春の反省を踏まえてももう少し何とかならないのかなぁという印象を拭えない。

まず空襲システムの被ダメージが酷いものだと思う。
折角艦隊が調子よくボスまでたどり着いて基地が壊滅状態っていうのは、振るサイコロが増えただけでゲーム性と呼べるものは皆無。
防空選べば良いじゃない、って航空隊防空にしたままボス倒せるのかと。
複雑なシステムの割に工夫の余地がない。
また基地航空隊は現状イベント限定だから個人レベルでの検証の余裕も少ない。
退避と待機なんてDAUが何十万人居ようと使い分けてる人がいるかすら疑問。

何より許せないのはUIの糞さ。
イベント限定システム故なのか工夫が足りないのか、現状だと出撃画面から海域選択まで画面を進めて、補充や編成の判断、出撃の可否を決定する。
艦隊の編成や補給などの基本的なシステムはトップ画面から選べるのと対照的。
連合艦隊の編成は通常の艦隊編成画面から行える工夫が出来ているのに、何故基地航空隊は出来ないのか。
この煩雑さはどうにかならないのだろうか。通常UIと違う事から出撃前ルーチン作業(補給、入渠など)に組み込むのがただただ面倒。

以上を踏まえて、前回の春イベントと同様、連合艦隊システムと組み合わさる事に伴う出撃コストの増大、そして一回の出撃あたりの必要時間の増加が非常に辛い。

結局春以降、面白いんだろうか…このゲーム、と言う疑問が私の心の中に生まれてしまった。
良くも悪くも甲勲章が緊張を保たせてくれてたのだろうな、とも思う。
自分がクリアできないからクソゲーです、と言っている事も否定出来ないのだけど、今後更なる新システムが導入されるとして、それはゲームを面白くさせてくれるのだろうか。
出撃前ルーチンを更に延長させるだけのものではないだろうか、と泡沫1ユーザーとして、余計なお世話ながら、勝手に心配してしまうのである。
[PR]
# by emporfahren | 2016-08-14 07:24 | ゲーム
極楽とんぼ 山本の復活について
先に言っておくとめちゃイケの山本SPでめっちゃ泣きました。
もうボロボロ泣いた。加藤のセリフと山本軍団の絵でめっちゃ泣きました。
 
今回の演出のうち、ガチな部分と台本な部分があるとして、結局ロンブー淳が言った「山本さんを甘やかしすぎた」ってのが全てなんじゃないかなぁと思う。

山本はメンツがあってプライドがあって頭を下げることも苦手だし、10年前は相当に天狗でやりたい放題で、おそらくは吉本やスタッフの苦言も耳にせず山本軍団でやりたいようにやっていたのだと思う。
そこであの不祥事があって萩本欽一がいて被害者がいて。
当然山本圭壱本人がやったことは純然なる犯罪であり、それは看過できるものではない。
そういう背景をもとに、じゃあ今後どうするか、となった時に、当時の山本圭壱の態度やら何やらを鑑み、更に萩本欽一の声の大きさやそれに扇動されうる視聴者のリスクを取れない吉本はああいう形で山本と縁を切った。

まぁここまでは順当だなと思う。
板尾創路の件を比較に出されることが多かったように感じるけど、DT松本人志の松本や遺書を読む限り、当時の板尾創路に関しては同情的な意見が多かったよ うに思うし、あまり世間の風評に流されない、所謂ビートたけしのFRIDAY襲撃事件に代表されるような尖ったやつがいてもいいじゃないか、面白けれ ば、って土壌がまだ許されていた時代に思う。
それに加えて恐らく板尾創路は素性と言うか芸人としての態度が山本圭壱と比較してクリーンであったのではないかと想像される。
さらに言えば当時天下人であったDTが必要であればバックグラウンドである吉本は金勘定の結果として許容せざるを得なかったのではないか。

で、で、で。
今回の番組について。
流れとしては
①番組冒頭に山本圭壱をテレビの表舞台に連れ戻すと岡村が言う。
②岡村が今まで山本から謝罪がなかったから殴ったる、と言う。
③加藤のもとに行き現状を説明、加藤はワンマンライブを復活させたいと言う。
④山本の現状をドッキリ形式でめちゃメンバーでのぞき見する。
⑤山本にめちゃからの招待状
⑥山本に対する説教や現状理解を促す
⑦ボケ
の流れ。

でね、まぁ恐らく①にたどり着くまでなんだけど、番組でも何度も何度も何度も相当語られているように、恐らくめちゃくちゃな数の関係者のコンセンサスを取っている、これは間違いない。
誰が発起人なのかはわからない。
岡村が言い出したのかもしれないし、番組が言いはじめたのかもしれない。加藤かも知れない。
ひょっとしたらめちゃスタッフの中で山本の復帰を望んでいた人がいたのかもしれない。
どちらにしろ、今まで山本が復帰することに関しての絶対的なハードルもとい障壁があって、それがクリアされたから動いたのだろうと言うのがフツーに考えた個人的な結論ではある。

それをクリア出来た理由が何であるのか。誰かの人事異動、所謂政治的な問題なのか、被害者や萩本欽一などに了承を得ることができたからなのか、それともめ ちゃイケの打ち切りが見えているために、あえて色々な問題を無視したのか。まあどれかは判らないけど、ここにあるどれかが間違いなく関わっていて、その複 合的な要因であることもまた間違いないのではないかとは思う。

そして、いよいよ番組は動き出す。
現在の山本の姿を写したりなんなりするわけです。
ただ個人的にはパチンコ店における"DQN"の振る舞いは嫌悪感しか抱かなかった。
めちゃイケ視聴者かつ山本を知っている世代は恐らく30代以降。
社会人を経てああいった"DQN"言い換えればモンスターに少なからずストレスを感じたことがある世代なのである。
これを山本に対する共感ととるか、それとも視聴していて不快と取るか。
この辺りの判断が甘いこと、これこそが現状めちゃイケの没落に繋がっている理由に他ならない。

その後の江頭による勧善懲悪的なポジジョンは10年前のテレビなら許されるんだろうけど、今のテレビでどれだけ共感する人がいるのか、という疑問が残った。
当然加藤に対する江頭の恩に関しては素敵なことだな、とは思えたのだけど、その前の土台としては俺は評価できない。
また、山本がそれだけ苦しんでいるんだから、と言う”禊”であるとしてももう少し頭を使っても良いのではないかなぁというのが個人的な意見である。

山本がめちゃメンバーと対面する。
その時の山本を見ているに、プライドであったり個人的な思想であったり、やはり山本に罪の意識というか、なんというか重責に対する対応が下手な人なんだな、と言うのは間違いがなさそうで、山本にもっと罪悪感を持ってもらうという番組からの提案は概ね正解なのかなと感じた。

山本がヘラヘラ登場したことは(パチ屋での演出からそうなった事が考えられるとはいえ)、何の説明もなく、10年の空白を作り被害を蒙り岡村が鬱でダウンするくらいにしっちゃかめっちゃかになった番組メンバーはとても看過しがたいものであった事は想像に容易い。

説教タイムが始まり色々山本が言うのだけど、ここで個人的に感じたのは、山本は美人局的に騙された、俺はそりゃあ良くないことをしたけど、薬をやったわけ でもない、いつか誰か拾ってくれる、それをわかってくれる人がいる、そういったちょっと甘い考え方に根付くようなシーンが散見された。
結局この自分に対する甘さを隠せないあたりが山本の本質なのかな、と感じた。
番組として取り繕うとかそういった雰囲気を非常に感じたうえで、更に自分のプライドで汚い部分をマスキングするような若さがまだ残っているように感じた。その若さゆえの対応が空白の10年を作ったにも関わらずだ。

ただ、ここで被害者である女性に土下座をした山本の姿は、なんというか心に非常に響いた気がする。
俺に響いても被害者女性がどう思うかは全くわからないのだけど。

その後岡村がボクシングで山本を殴り(これはまぁ既定路線として当初描いたものなのだろう)、加藤の山本に対する説教が始まった。
加藤は色々考えてこのセリフを生み出したんだろうな、どうやれば世間に許してもらえるか、いや少なくとも受け止めてもらえるか非常に考えたのだと思う。
そこから出た言葉を聞いているだけで、そして山本軍団を見ているだけで涙が止まらなかった。

結局見栄がありメンツがあり、意地があり、現実に向き合わなかった山本がそこにいるのだ。
涙が止まらなかった。

山本軍団に支えられた皆が今は山本を支えていた。
支えながらもTOPに据えていた。
それにより山本はメンツを気にし、また復帰の時期が遠のいてしまっていた。
冒頭に書いた、ロンブー淳が言った「山本さんを甘やかしすぎた」に答えが帰結する。

今回のことは一芸能人の不祥事であり、自分にそれほど影響が及ぶことではない。
ただ、近しい出来事で言えばそこらじゅうで毎日のように起こっていることだ。
上司がミスをして、部下はフォローをする。
上司が悪いのは明白でも、メンツを気にした上司は謝れない、部下もそんな上司をフォローする。
駄サイクルである。

それでも最後の極楽とんぼとしての喧嘩は、俺を笑顔にしてくれた。
それが全てなのだ。
恐らく山本はバカで不器用な面が非常にでかい。
場合によっては再犯というか何かしらのトラブルを起こすかもしれない。
そうならないように彼を守るのは彼が今まで守ってきたものであるのだ。
そこに涙が止まらなかったのだ。

最後に、めちゃイケの演出過多を良く叩く人がいるが、めちゃイケはヨモギダ少年愚連隊から何からああいった演出、熱さをウリにする番組である。
現代のなんでもガチンコ社会(言いすぎかもしれないけど)ではクサく感じる部分も多いのだろう。
実際、私自身も今はほとんどめちゃイケを見る機会はない。
それでも、それでも山本が戻ってきたことは嬉しいのだ。
新しい波があって、めちゃモテがあって、めちゃイケがある。
私が高校生くらいの頃だ。
10歳ほど歳の上の彼らは瞬く間にスターダムにのし上がった。
自分たちの未来がそこにあるように私たちは思ったのだ。
身長は小さいけれど、動けばキレッキレで奇跡を起こす岡村さん。
それを筆頭にみんなが一丸となっていた。
岡村に負担がかかりすぎて頭パッカーンはあったけども。
ネットが普及し切る少し前、彼らを観て私たちは育った。

めちゃイケが打ち切られない理由があるとしたら、恐らくそれはひとつ。
今の上層部がめちゃイケでフジテレビを肯定してきたからだ。
スクラップアンドビルドとは言えば易いが行うのは簡単ではない。
めちゃイケを打ち切れば今までののフジテレビをほぼすべて否定することになる。
コメディと演出と涙。これを否定する勇気がフジテレビにどれだけあるのか。

とりあえず、まずは極楽とんぼとしてのライブ活動が再開されることを祝いたい。
[PR]
# by emporfahren | 2016-07-31 22:08 | 現実