<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
mineoデビュー
デビューしました。
新宿のヨドバシにMNP番号持ち込んで三時間弱。
受付までに一時間、乗り換え手続きに二時間、って感じ。
思ったよりサックリ。

動作もサクサク、バッテリーの持ちも良いし、LINE通話で事足りてる。
艦これの遠征も困らない。

拍子抜けするくらい簡単。
[PR]
by emporfahren | 2016-11-28 22:42 | 現実
艦これ2016秋イベ 終わって
甲甲甲乙甲で終わり。
E-4も甲行けたのかな。どんどん減っていく資材と時間をみて耐えられなかった。
E-5甲は今まで甲で通してきたプレイヤーならそう難しくないはず。
幸いにしてドロップで全て揃った。
アクィラがいないからそのうち掘るか拾うかしなきゃね。

まぁ何にせよギミックという名のアレやコレやが面倒臭すぎる。
御札も有るから失敗も許されない。
モチーフが有るとは言えど…ねぇ。
なんかもっとシンプルに楽しめるゲームに戻って欲しいなぁと。
お金落とすシステムにしないといけないのはわかるんだけどさぁ。
[PR]
by emporfahren | 2016-11-28 22:38 | ゲーム
艦これ2016秋イベ 途中経過
 E-3まで甲で突破したので暫く情報収集。
 E-3はギミック解除せずに突っ込みました。
 ギミックが複雑すぎる。解除用のルート探すために御札つけるのアホらしい。

 E-4からはそうも言ってられなさそうなので平日は備蓄かな。
[PR]
by emporfahren | 2016-11-20 20:20 | 現実
後出しジャンケンなずるい記事ですが
トランプの番狂わせが起きる、起きてもおかしくないと思っていたんですよ。

アメリカの新聞社はほぼ全てヒラリー支持。TVメディアもそう伝える。
日本のメディアもそう伝える上に、日本のメディアを操っているのは日本人。
日本人の感覚で言うと常識や下馬評が少なからずバイアスとして現況に反映される。

投票後の聞き取りではヒラリー優位。
そりゃあれだけ報道として、トランプは高卒や白人や地方の低所得者層が支持しているとされているところ、それ以外の人が大手を振ってトランプを支持しているとは言えない雰囲気が醸成されるのは間違いない。
日本の戦中のような全体主義と言うか、常識人はヒラリー支持、みたいな空気が無意識のうちに、アメリカ、世界、そしてそれを報道するマスメディアとそれを受け取る有権者に広がっていったのではないかと思う。
期日前投票も、最終的にFBIからの追求を回避したヒラリーにとっては逆風で、それまでにトランプに流れた人がいてもおかしくない。
失言や失策も結果としてはトランプならまぁ言いそうだな、で済んで、ヒラリーだと痛手になる状況になっていた。
つまりトランプ支持からヒラリー支持に移る人は少なくて、その逆はいくらでもあってもおかしくない状況だった。
貧富の差、格差は広がっていて、それはソーシャルメディアにふれることで一層強調された。
自分のタイムラインでかたや富豪が女侍らしてパーティしていて、かたや貧民が今日の飯に困っている。
こんなのは日本でも起きつつ有ること。嫌でも格差を感じる世界になってしまった。
日本で最近生まれた、上級国民というネットスラングが有る。
ヒラリーが誰を囲って演説しようと、それはオバマでもミュージシャンでもそう。
それらは所謂苦しい立場の人からすると遠い立場の人であって、それらに応援されるヒラリーはますます遠い存在になってしまった。
中間層ほど自分のドロップアウトに敏感になるはず。
低所得者層は徳政令カード的にトランプを支持するだろう。

アウトサイダーとして躍進したトランプ。
閉塞感漂う民主党政権、共和党政権、そしてアメリカ全体に変化を与えたい。
そう思う人は少なくないんだろうなと感じていた。

上級国民であると推測されるマスメディア、知識人がそろってヒラリーを支持したことも、それ以外の人のルサンチマン精神に火をつけたに違いない。
開票。
マスメディアは当初ヒラリーの勝利を確信していた。
その中で躍進するトランプ。
トランプに投票した人たちのカタルシスたるや。

マスメディアと名乗るにあたり、マスとは何なのか。
日本も含め再考の余地があると思う。
マスを振りかざすのか、マスとして実情に寄り添うのか。
大手マスメディアは基本的に政権に対して批判的になるのは私は当然だと思っている。
それがマスメディアの役割であるというのも納得できる。
しかし今回の大統領選は、マスメディアが足並みをそろえたことで事実が見えなくなってしまった一例として非常に重要な意味を持つと思う。

果たしてそこに十分な検証はあったのか?
ヒラリー優位と報道していた日本のマスメディアはアメリカの受け売りではなかったのか?
マスメディアが関わる多くは富裕層や西海岸の民主党支持者や常識的な共和党支持者で固まっていなかったか。
ほんとうの意味でトランプの躍進を、現地に通い本気でつきつめた人が何人いたのか。

日本的な「下馬評通り開票と同時に当確が決まる政治」に染まりきっていなかったのか。
そしてそれらの集合体として希望的観測に頼っていなかったか。

インターネットが普及している昨今、マスメディアがマスメディアで居続けるには今まで以上の努力が必要であるように感じる。

ブレグジットや今回の大統領選の予想を外したマスメディアをどこまで信頼して良いのか。
当面の間、その疑問を世間は忘れはしないはず。
[PR]
by emporfahren | 2016-11-09 22:44 | 現実