半死半生
 やっと動けた。

 昨日昼過ぎに目が覚めたあと、妙に全身が痛いことに気付く。飲みすぎでミネラルが不足してるのかな、なんてグダグダしながら夕方からサッカーを見始める。
 ACミランとボカ・ジュニアーズの試合が始まった頃から寒気が。

 熱を測ると37度5分。あちゃー、昨日長風呂して薄着で酒飲んでたからかなーと思っているうちにどんどん身体が重くなってきた。
 午後九時、もう一度熱を測ると39度寸前。もうまともに歩けなくなる。と言うか布団から出られなくなり、テレビを見ているのも辛くなる。
 流石にこれはマズい、と思い、夜間診療所へ。節々の痛みが半端じゃなかったから、最悪インフルエンザかと覚悟して検査を受けたものの、結果は陰性。あの調べる為に鼻に入れる棒がクソ痛かった。
 解熱剤と整腸剤(その時点で軽い下痢をしていた為)を貰い、とりあえず帰宅。
 それを飲んで、十一時過ぎには眠るも、一日中寝ていたせいか、午前二時頃目がさめる。身体はふらっふらだけど、とりあえず解熱剤が効いたお陰で大分ましに。目が覚めちゃったので録画しておいたみなみけを見て、もう一度寝なおす事に。

 しかしここから猛烈な下痢と吐き気が。十分おきに来る下痢、えずく度に頭痛で頭が割れそうになる。トイレットペーパーが半日でなくなった。
 結局朝の五時過ぎまでそれが続き、何とか三時間ほど寝る。

 朝一で近くの小さな内科に歩いて行き、患者さんの平均年齢が六十を余裕で越えている中で約一時間待って受診。椅子が全て埋ってしまっている上、お年寄りが多い手前椅子に座ることも出来ず(本当は座っているのも辛かったが)、フラフラと立って待った。
 んで改めて症状を伝え、解熱剤、下痢止め、整腸剤を貰い、途中でジャンプとゼリーを買って帰宅。

 また布団に篭り、時折来る下痢や吐き気と戦いながらひたすら調子が良くなるのを待つも、午後五時ごろ、熱を測りに一階に降り、ポカリスエットを飲んだら、解熱剤が切れていたのか猛烈な寒気が。ガチガチ歯を鳴らしながら布団の中で震えるも、耐え切れずに空腹の状態で解熱剤を飲む。

 今はそれが効いているのか体温は37度前後。おかゆを食って、やっと少し身体も動いてくれた。その代わり解熱剤を空腹で飲んだせいか胃が痛い。

 
 つーか、カルテに急性胃腸炎と書いてあったのだが、ただの風邪じゃないのだろうか。

 それはそれとして、吐き気を催す度にミルクシーフードが頭に浮かんでマジで辛かった。あのクドさが思い出されるだけで吐き気が増幅。ミルクシーフードを思い出すから吐き気がするのか、吐き気がするからミルクシーフードを思い出すのか。
 とにかくもう、暫くはミルクシーフードは食えない。家にあるシーフードヌードル見るだけで吐き気するし。

 あと、土曜日の夜にぬるい風呂に四十分も浸かって、Tシャツとパンツ姿でチャンジャ食いながら、発泡酒うめー!とか言ってた自分を殴りたい。

 とりあえず水曜日には動けるようになってて欲しい。
[PR]
by emporfahren | 2007-12-17 21:41 | 現実 | Comments(3)
Commented by abe at 2007-12-17 22:58 x
・・・・絶対安静な。早よ寝ろ。
Commented by あらんこ at 2007-12-18 04:18 x
お大事に!
最低、手洗いとうがいはしなきゃ駄目だよ!
Commented by emporfahren at 2007-12-19 22:55
ご心配お掛けしました
<< 熱は・・・ アアーッ! >>